素 敵 な 仲 間 た ち    ☆☆☆☆☆☆☆ リンク集 ☆☆☆☆☆☆☆

 ↓ IDをクリック!

   I  D       S I T E (バナー)             ご  案  内
  collaparaさん              自ら歌も歌われる作曲・編曲家さんのサイト。02年に『かげぼうし』に惚れ込んで以来のお付き合いで、私も30曲近く歌わせて頂いてます。05年には私の歌唱集CD『Cafe“Deja-Vu”』をリリース。また、定期的にオリジナル曲を披露し合う俗称「オリオフ」の主催者でもあり、私も毎回参加させて頂いてます。
  美憂ひかりさん          どんなジャンルもこなす作詞家さんのサイト。私とのコラボは08年10月に発表された『秋と冬のあいだ』で14曲を数えますが、12曲目にあたる『Daiba☆Drops』までを収録したアルバム『ZODIAC』が08年にリリースされています。
  村雨希望さん             作詞・作曲・編曲・歌と、4役をこなすミュージシャンのサイト。ハスキーボイスで、いい意味での生活臭、人間らしさを歌われます。曲作りのペースは驚異的! 06年には私の『武蔵野の花売息子』『四枚の萩』を歌って頂き、NEXT MUSIC(以下NEXT)に公開されました。にゃんたさん主催のオリオフにはいつも遠路駆けつけていただいて恐縮です。
   kisokoさん            沖縄出身のシンガー・ソングライター(プロ時代あり)のサイト。透き通る声が魅力です。名曲『ふるさとの丘から』は04年に私も歌わせていただき、NEXTにアップしましたが、その翌05年には私の作品『濁流』を歌っていただきました。現在は看護士になるべく勉強中で、音楽の方はお休みされているようです。
   うとちゃん       私の作品『バニラの香水』がキッカケで知り合った関西のミュージシャン。通常の音楽活動に加えてDJでは軽妙なトークを聞かせてくれます。往年の歌謡曲に造詣が深い方です(笑)。
  ヒマワリマンさん             『通り過ぎて行く季節』『じいちゃんの麦わら帽子』など、名曲多数。適度にポップ、適度にソフトで、一曲をよく作り込むという姿勢も、私自身と似ているせいか、すごく共感できます。
  辺境革命論さん       辺境革命論のユートピア 私の『濁流』がロシア民謡風だということが発端で知り合った方のサイト。ミュージシャンもなさるようですが、そのIDからして、何やら謎めいた存在・・・。
    つよしさん                                     04年8月のオフ会で知り合った、作詞・作曲・編曲・ボーカルとすべてこなすミュージシャン。ナイーブで爽やかな作風&お声です。『秋色の扉』『黄昏』がいたく気に入り、私自身のバージョンがNEXTにアップされています。
    NAOさん             基本は作詞家さんですが、歌も歌い、ピアノも弾かれます。『メロディ』『風になりたい』等に代表される詞の世界&歌声は“元気が出る系”ですが、05年1月に発表した私とのコラボ曲『哀しみのシルエット』では、全く新しい一面を覗かせてくれました。
  T.Kurosawaさん             繊細な青少年の感性を甘い歌声で表現される、フォークを基盤にしたシンガー・ソングライターさん。04年暮れには『忘れて』(共同での編曲も)を、05年には『雨に逃げていく』を、私が歌わせて頂き、NEXTにアップしました。
   Y&Kさん                     基本に忠実で、言葉選びに筋の通った作詞家さんのページ。詞だけを読んでいても、整然としているゆえに、強いエネルギーを感じます。私のオリジナル『柳川かぞえ唄』『小樽シャンソン』をサイトで取り上げて下さったり、お世話になっています。
   サニーさん             誰も真似の出来ない独創的な詞を書かれる作詞家さんで、ボーカルも取られます。大人になりきっていない青少年特有の“青い声”が魅力。05年10月には彼の作詞になるコラボ曲『八王子』をNEXTに公開。
  葵新太郎さん          茨城県在住の演歌・歌謡曲中心の作曲家さん。コーラスご出身でもあるためか、ここ数年はヴォーカルにも目覚められ、私の『花のシナリオ』『すずらんによせて』『君とチャペルと夕映えと』など歌っていただき感激です。
 すずきひとしさん         ジャズ・ピアニストの経歴を持つ作曲・編曲家さんで、その腕前・センスには定評があります。04年に私が『Twilight Shadows』をいたく気に入り、歌わせて頂いたバージョンがNEXTにアップされています。
   B.Itoさん      日本名曲・英語ヴァージョン 童謡や浪曲などを諸外国語に翻訳され、歌われている方のサイト。04年には美憂さんとのコラボ曲である『グラナダの風』の英語・仏語・西語バージョンも発表されました。その英語版のみ私も歌わせてもらっています。
    kotoさん           幻想的でペール・トーンの美しい絵を描かれるイラストレーターさんのサイト。05年1月にアップになった美憂さんとのコラボ曲『夜明けのイマージュ』では、オレンジ色の黎明を描いた素敵なイメージ画を提供して頂きました。
  中川芳郎さん         ← 旧バナー ネット演歌歌手の方のサイト。05年4月の牛魔王ゆださんの追悼ライブでは『君だけの詩を』を一緒に歌いました。同年8月には私の『有馬えれじい』を歌って頂きNEXTに公開し、好評を得ました。
    草太さん           独特の切り口で、鋭さのある詞を書かれる作詞家さんのサイト。男性の立場からの作品多し。つよしさんとのコンビネーションが個人的には最強だと思います。『トマトのお酒』『愛は季節のよう』が好例。06年6月には二人の力作コラボ『竹の道』をNEXTに公開しました。
   sayuriさん              豊富な語彙とロマンティシズムの中に力強さを感じさせる作風の作詞家さんのサイト。05年にはにゃんたさん作曲の『プリズム』『始まりの朝』に大感銘を受け、私のバージョンもNEXTに公開。その後08年3月には初の詞曲コラボ『春もみじ』を同サイトに公開しました。
    詩織さん            牛魔王ゆださんの追悼ライブで知り合った作詞家さんのサイト。プロ歌手への詞も書かれ、またカラオケ教室の先生でもあります。葵新太郎さんとのコラボ曲『恋づくし・花づくし』がお気に入り。
   たんぽぽさん                        フワッとした浮遊感の中に可憐さと色っぽさが同居する、独自の世界をお持ちのミュージシャンのページ。作詞・作曲・歌の一人3役をこなされます。06年4月には、にゃんたさんのメロディーに私が作詞した『タチアオイの詩』を歌って頂きました。さらに08年2月には彼女の作詞作曲、ラギュぺのアレンジになる『会いにゆくよ』を彼女のNEXTに公開しました。
    Ekkoさん               “一人4役”のミュージシャンで、手話でも歌われます。本格的なお付き合いは05年4月の牛魔王ゆださんの追悼ライブから。それ以来、私のライブ開眼のキッカケを作って頂き、たいへん感謝しています。もちろんネットコラボ関係でも、同年5月の『夜明けのイマージュ』(Ekkoさん版)、06年4月の『桜物語』(ラギュペ版)などを公開。
    空見子さん                           作詞が専門ですが、ボーカルも取られます(低くていいお声!)。私の『バニラの香水』を気に入って頂いたのが初めでした。2006年4月には作詞をされた『桜物語』のラギュペ版をNEXTに公開。